男性ホルモン抑制タイプの育毛剤!

男性ホルモンの抑制効果がある成分とは

抜け毛や薄毛の原因には男性ホルモンが影響しているといわれています。いろいろな育毛剤が販売されていますが、配合されている成分内容は異なりますので、男性ホルモンを抑える成分が配合されているかチェックして選ぶのも一つの方法です。

男性ホルモンを抑制する効果のある成分はいくつかあります。例えばキャピキシルです。キャピキシルは、高濃度のイソフラボンを含んでいることから男性ホルモンを抑える効果があるとされています。イソフラボンには女性ホルモンであるエストロゲンと似た効果があるといわれており、男性ホルモンの影響を抑えるという作用につながるのです。またヒオウギエキスの主成分もイソフラボンです。キャピキシルと同様の作用が期待できます。その他にもオウゴンエキスや亜鉛、ノコギリヤシが挙げられます。それぞれに抜け毛や薄毛を食い止める作用をする成分を含んでいます。

さらに効果的に使用するには

このように男性ホルモンを抑制する成分が配合されているかどうかで育毛剤を選ぶことで、薄毛や抜け毛を改善する効果が期待できます。さらに育毛剤を効果的に使用するためには、正しい使い方をマスターすることが大切になります。

多くの育毛剤は朝と夜の1日2回の使用を勧めていますが、特に夜は洗髪した後の清潔な状態の頭皮に使用しましょう。入浴後のほうが血行も促進されていますし、有効成分が浸透しやすくなります。また髪はドライヤーである程度乾かしてから育毛剤をつけます。余分な水分によって効果が薄まることがあるからです。頭皮全体に育毛剤をつけたら、成分が浸透しやすいように指の腹を使って優しくマッサージするのがおすすめです。そして、毎日続けることが大切です。薬ではないので即効性はありません。長期的に継続して効果をみていきましょう。

© Copyright Normalizing Hair Cycle. All Rights Reserved.